マスターアートの考えるコストバランスとは

たとえばリノベーションでキッチンを変えようと思った時
マスターアートはシステムキッチンをおすすめすることが多いです。

造作キッチンもあるし、最近では家具屋さんもキッチンを売っています。
でも、決められたご予算の中でご満足いただける「住まい」にしようと思った時、システムキッチンはバランスが良いのです。

製品のクオリティの高さと安心感。
品質の高さはもちろん、企業努力による収納の工夫、お手入れの簡便さは行きつくところまで行っている感があります。
保証制度もきちんとしいて、メンテナンスへの対応も安心。

システムキッチンは工事する者にとっても優しい造りになっています。

「それは造る側の都合でしょ?」と思われるかも知れませんが、それが工期の短縮につながり、つまりお客様へのお値段にも反映されます。

さらにデザインも洗練されてきているので、スタイリッシュなお部屋にも合うようになっているとなれば、素直におすすめです。

もし個性が足りないかな?という時は、別のところで味付けしてはいかがでしょうか。
たとえばキッチン背面を飾り棚にしたり、モルタルやタイルで表情を出してみたり。

 

味付けは工夫でローコストにも出来ますので、その分ほかの部分のグレードアップに回せるのです。

一点豪華主義で何百万もするキッチンを提案するのではなく、配管などの見えないところ、使い勝手、素材、色々な角度からご満足いただける家にするために予算をうまく配分する。

 

それがマスターアートの考えるバランスです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です