ワンルーム19戸の社員寮から一般向け賃貸住宅にリノベーション

【3,4階がオーナー様宅、1,2階が金融企業の社員寮を、魅力ある一般向け賃貸物件に転換したい。】

長年企業の社員寮だった築後30年近い建物。入寮者も減り、契約更新時期を迎えるのを機に、ワンルーム19戸を一般向け賃貸物件への転換を決断されたオーナー様。

しかし設備の老朽化、時代に合わない内装など、そのまま市場に出すには手を入れる必要がありました。
Beforeはこんな雰囲気。

寮の食堂として設定されていた最も広い部屋には、はじめから浴室がなく、他の部屋もトイレ・洗面・お風呂が一室の狭い3点ユニット。

せめてバストイレ別と謳えるように独立したトイレにすること、また従来はなかった室内洗濯機置き場の新設も必須でした。
従来はなかった暖房乾燥換気扇を設置し、アクセントカラーを配したバスルームAfter。
トイレを別にしたら広さも十分に。

ミニキッチンは足元がすっきりしたステンレス製をセレクト。

それぞれの部屋に異なるアクセントクロスを貼って特色を出し、クッションフロアだった床材もフローリングに変更。


内見に来た人がワンルームながらも部屋に個性を感じてもらえるように、そして近隣物件との差別化を図りました。

物件所在地沿線にはターミナル駅や有名大学があり、通勤通学をする若い単身者に住んでもらえるよう、設備の基本スペックを整備しました。

暖房乾燥機付きユニットバス、洗浄便座付きトイレ、室内洗濯機置き場、IHコンロ付きステンレス製ミニキッチン、クローゼット、シューズボックスの他、
ライティングレールにスポットライトを複数付けて、20㎡弱のワンルームで制限されやすい家具の配置に対応できるような工夫をしました。

元食堂は、ワンルームでも唯一2人で住める広さ。ウォークインクローゼットや洗面脱衣室もあり、対面型キッチンが開放的な心地いい空間に。


建物のエントランスもリニューアルし、道路面から緩やかな勾配で下がるアプローチには両サイドに格子を設け、夜間はライトアップして安心と表情をプラス。

完成後の募集では晴れて満室御礼となり、建物の価値再生が叶ったことでオーナー様にもご満足いただくことができました。

Follow me!