中古マンションを購入後のリフォーム会社の選び方

マスターアートではこちらの雑誌に掲載されています。

 

「市区で探せる安心・腕ききのリフォーム会社」という特集で各市区からひとつのリフォーム会社がピックアップされていて、練馬区ではマスターアートが掲載されています。

そんな雑誌がきっかけでご依頼頂いたのは隣市のO様。お住まいだった会社の寮を出られ、広いルーフバルコニーが魅力の築16年のマンションを購入されました。

築16年ということは水廻りの設備も16歳。交換しなくても大丈夫なくらいキレイではありましたが、安心して気持ち良く新たな暮らしをスタートするため、今回は水廻りの交換(キッチン、ユニットバス、トイレ)+内装交換という内容でした。

 

キッチンBEFORE

窓から広いルーフバルコニーが見渡せる明るいキッチン。十分キレイではありましたが…

 

キッチンAFTER

こんなに素敵に!キッチンはクリスタルカウンターが美しいTOTOのザ・クラッソです。

 

キッチン扉の面材が既存のドアと揃えたように合いました。さらにこの統一感の秘密は、既存の背面カウンターの天板をシートでお化粧直ししたこと。

同じ「明るい木目」といっても黄色味が強いのか赤味が強いのかで全く違い、時代感も出ます。あまりお好きでないとおっしゃっていた元のカウンターはやや黄色味が強かったのですが、そこに少しスモーキーな木目のシートを貼ったこの一手間。それが統一感と満足感につながります。

 

 

浴室 BEFORE

浴室 AFTER

 

 

トイレ BEFORE

トイレ AFTER

もともとグレードの高い設備が使われていましたが、機能としても遜色ない設備に交換。メーカーのたゆまぬ製品改良のおかげで、お手入れのしやすさ、使いやすさ、省エネ性能などは16年前より格段に良くなっていますから、気持ち良くお使い頂けると思います。

さて設備の交換もそうですが、内装の交換もひとつひとつご相談しながら(とはいえO様がご家族で検討して頂くことにより)決めて行きました。

 

リビング、和室 BEFORE

リビングの一角にカウンターがありましたが、ここにはお手持ちの家具を置きたいので撤去しました。

リビングに続いて和室があります。

 

リビング、和室 AFTER

カウンターのあった壁はアクセントクロスを貼りました。ダイニングは家具によってふさがってしまう場所のコンセント移設もしました。具体的に配置を想定して頂くと、そういったお手伝いが出来ます。

陰影のあるダイニングのペンダント照明がとても素敵…!家具が入ってくるのが楽しみですね。

 

今後ペットを飼われる予定なので、ひっかきに強い和紙の畳をセレクトしました。和紙畳は変色がないので、ずっとグリーンの畳が味わえます。畳の縁も同系色を選んですっきりと。その変わり、ふすまを柄(市松模様)に。控えめな華やかさのある和室になりました。

 

そして最後にご購入の決め手となった広いルーフバルコニー。

芝を敷きたいとおっしゃっていましたが、メンテナンスを考慮してどんな製品が良いのか、商品選定や敷きこみのお手伝いをさせて頂きました。芝とウッドデッキをコラボさせて居心地のいいバルコニーに!

風が通り抜けるとても気持ちの良い場所です。

これからここでご家族でお食事をされたり、ペットと遊んだり…楽しい暮らしが想像できますね。

 

今回のようなリフォームでは大きな間取りの変更はありませんし、設備や内装の交換だけであればどこのリフォーム会社さんで頼んでも差はないはず。なのですが…恐らくそうではない何かがあると思います。

そして、O様が地域で探されたように、これからのメンテナンスなどを含めたお付き合いを考えると「近い」ことも大きなメリット。これからも地域の方に「そうではない何か」で選ばれて、ご満足いただけるようでありたいと思います。

O様の新しい暮らしをスタートするお手伝いが出来、私たちも嬉しかったです。この度は本当にありがとうございました!

Follow me!