中古マンションリフォーム 練馬区K様邸

収納の充実、インテリア、配管更新…
ぜんぶ叶える賢いリフォーム術!

リビングの一角に寝室コーナー。間仕切りがアクセントになった部屋は収納力たっぷり

築40年を超えながら管理が行き届き、構造のしっかりしたマンションに住むK様。
ご夫妻と、お仕事で海外にいらっしゃることも多いお子様の3人の住まいです。
はじめはリビングと隣の和室(奥様の寝室)との開口を広げることで、リビングとのつながりを持たせたいとのご希望でした。

お打合せを重ねる中、独立した部屋でなく「ついたて」でいいとの奥様のアイデアを頂きこのような形に。窓側をあけたことでリビングが広々とし、通風を考慮してスリットを入れた間仕切りが部屋のアクセントになりました。グレージュ色の壁をそのまま廊下~玄関につないだことで、ぐっとお洒落な雰囲気に!

今までタンスやクローゼット家具で収納していたものをすべてを壁面収納に。白い扉に納まったことで様々な色や家具の凹凸が目に入らなくなり、部屋がとてもスッキリしました。
そしてK様はとっても工夫上手。もともと洗面室につっぱり棒で工夫されていたものを踏襲し、パイプをつけています。バスタオルやバスマットの「住所」をつくることが思った以上の快適さにつながります。






配管更新の時期を逃さないことで将来の安心も手に入れる

今回のリフォームのきっかけはカーペットの張り替えや収納の充実のためでした。しかし最初のお打合せでK様から配管への不安があることをお伺いし、我々も悩みます。
マンションを資産と考え長い目で考えたとき、必ず考慮するのが配管です。今はまだ漏水の心配はない。けれど10年後は…?
全体をリフォームする「今」がK様にとって配管更新のベストな時期なのではないか。そう判断し、配管更新を組み込みながらご予算に近づける工夫をさせて頂きました。

内装の範囲や設備のグレードを考慮したり、配管は将来もしユニットバスやキッチンを変えることになっても繋ぎやすく。優先順位を決めて選択して頂いたことで、バランスの良いプロジェクトになったのではないかと思います。

春になれば川沿いの桜並木を見渡せるK様邸。
明るく広くなったリビングで、ゆったりとした時間を過ごして頂けたら嬉しく思います。

リノベーション フォトギャラリー


工事データ

中古マンション+リノベーション

面積
89.5㎡
工事費
380万円
工期
1ヵ月
エリア
東京都 練馬区
施工
2019年02月


マンションリノベーション施工例